令和元年経営第7問

頻出論点である、規模の経済、範囲の経済に関する知識が問われる問題でした。

https://open-drill.org/m/103010070/false/false/none

経験効果や規模の経済に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 経験効果に基づくコスト優位を享受するためには、競合企業を上回る市場シェアを継続的に獲得することが、有効な手段となり得る。

イ 経験効果は、ある一時点での規模の大きさから生じるコスト優位として定義されることから、経験効果が生じる基本的なメカニズムは、規模の経済と同じ<である。

ウ 生産工程を保有しないサービス業では、経験効果は競争優位の源泉に ならない。

エ 中小企業では、企業規模が小さいことから、規模の経済に基づく競争優位を求めることはできない。

オ 同一企業が複数の事業を展開することから生じる「シナジー効果」は、規模の経済を構成する中心的な要素の1つである。

解法のポイント1:規模の経済

解法のポイント2:範囲の経済


↑上のブラウザ版の問題集と機能は同じですが、iPhone,iPadアプリ版、Androidアプリ版もあります。

少しだけ処理が早いのでおすすめです😀

いずれも広告・課金・ユーザ登録なしで、すぐに勉強開始できます。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村