【プライベート・エクイティ,LBO,MBO,EBO】経営平成30年問4

選択肢イ、オなどは問題集により誤った記述とする箇所が異なるなど、判断が難しい問題でした。
まずは正解できるようになることを目指して、来年出題時に応用が効くように選択しなかった記述については理由もわかるようにしておきましょう。

企業の事業再編と買収の戦略に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア  企業の一部門を買収するタイプの買収は、通常、狭義のレバレッジド・バイアウトと呼ばれ、もともとは経営資源の拡大を意図したが、マネジメント・バイアウトやエンプロイー・バイアウトとは異なる範疇の手法である。

イ  事業規模の縮小は、通常、売却、企業の一部門の分離独立であるスピンオフ、
企業の中核事業に関連しない部門の廃止などの手法を指し、事業ポートフォリオを変えて短期的には負債の削減につながる。

ウ  事業範囲の縮小は、企業買収によって期待した価値を実現できない際の買収見
直しに用いられ、通常、従業員数や事業部門数の削減を伴い、事業規模の縮小と
同様に事業ポートフォリオを変えることになる。

エ  自社資産を担保に調達した資金によって、オーナーではない経営者が自社を買
収するタイプの買収は広義のレバレッジド・バイアウトの一形態であり、通常、
買収後には経営の自由裁量の確保や敵対的買収に対する防衛などのために株式を
非公開とする。

オ  プライベート・エクイテイ投資会社が、企業の資産の大部分を買い取って当該
企業を非上場化するレバレッジド・バイアウトでは、通常、当該企業の業務を維
持し、資産の売却は長期的な計画の下で行う。

😀解いてみましょう!


↑上のブラウザ版の問題集と機能は同じですが、iPhone,iPadアプリ版、Androidアプリ版もあります。

少しだけ処理が早いのでおすすめです😀

いずれも広告・課金・ユーザ登録なしで、すぐに勉強開始できます。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村